ダイエット中に甘いものが欲しくなったら、和菓子がおすすめ

和菓子はヘルシーな食べ物

和菓子といってもいろいろありますが、その特徴のひとつとして、油をほとんど使わないということがいえます。かりん糖やかきもちなど一部には揚げる系の和のお菓子もありますが、一般に和菓子でイメージする干菓子や生菓子といったものは、豆や芋、海草、穀物を主な材料にし、ゆでたり蒸したりしたものに甘味を加えるなどして加工して作るものが主流です。つまり、食物繊維が多く、低カロリーで大変ヘルシーな食べ物ということです。

和菓子なら、ダイエット中でも食べられる?

ダイエットをしている時でも、やっぱり甘い物が欲しくなる時はありますよね。もちろん、目的のためにきっぱりと我慢できれば、それにこしたことはありませんが、その我慢がストレスになって、ダイエット自体が続かないなんてことになりかねません。一日のカロリー量を決めて、それを守るということなら、生クリームやバターを使った洋菓子に比べ、断然カロリーの低い和菓子がおすすめです。しかも和菓子は植物性の素材が多く使われ、美肌効果も期待できます。

和菓子のカロリーを知っておくと安心

ものによって使われている砂糖の量などが違うので一概にはいえませんが、たとえば50gの大福ひとつで120カロリー程度です。だいたいシュークリームの約半分といえます。しかも大福は、腹もちもいいので、ひとつでもけっこうな充足感を味わうことができます。120カロリーを減らすためには、一日のどこかで、お茶碗一杯のご飯を半分にすれば大丈夫です。最近はいろいろな手段で食品のカロリーを簡単に知ることができるので、ダイエット中は面倒くさがらずにチェックをして、計画的に食べましょう。

枝豆をすりつぶして餅にのせて作る緑色のお餅。味は甘くお店でもよく販売されています。枝豆と餅がマッチしておりこれをずんだ餅といいます。子供から大人まで食べやすいお餅です。