常識にとらわれない一本を!!ビジネスウォッチはもっと自由に選ぼう

シンプルゆえに深い魅力がある

腕時計をざっくりと分けるとクロノグラフなどのスポーツ系ウォッチとワールドタイムなど付加機能表示を備えたコンプリケーションそしてドレスウォッチの3種類です。このうち、ドレスウォッチは基本的にシンプルな3針ですが、秒針によりセンターセコンドとスモールセコンドに分けることができます。付加的な機能は日付や曜日ぐらいですが、時計の原点ともいえるシンプルでベーシックなスタイルとなり深い魅力がある時計でしょう。

ドレススタイルにもフィット

装飾的な要素が限定されるため必然的にデザインセンスから細部の仕上がりにいたるまで時計ブランドの個性や理念が明確に表現されるのでその魅力は深いといえるでしょう。また、ケースの小型化により薄型のものがトレンドで11mm以下のドレッシーなモデルのものもふえドレススタイルの腕もとにフィットするものが増えました。エレガントで美しいフォルムが求められる中で、時計ブランドが高度な技術力を備えていることが条件となっているでしょう。

自分の視点で選びさりげなく

ドレススタイルやビジネスシーンでは絶対に3針や2針でなければならないということはありません。時計でどのように個性を演出するのかは本人のセンスしだいで現代のビジネスシーンならなおさらもっと自由に選んでもいいでしょう。たとえば、サブダイヤルの多い永久カレンダーで知的にみせたり、膨らんだドーム型のダイヤルでヴィンテージへの興味をさりげなく表現してもよく自己演出の意識が大事になってきています。ビジネスマンの服装の3原色はグレーとブラウン、ネイビーブルーなのでこの順列の組み合わせカラーなら違和感はないでしょう。

ロレックスはとても人気がある高級腕時計ブランドです。このブランドの製品は高精度で秒針がほとんど狂わないのです。